PageTOP

能動ドットコム > オリンパス特設サイト
特設サイト オリンパスレポート
Report 08:最終回
Report 01: レポート開始!
Report 02: とりあえず、使ってみる
Report 03: とりあえず、撮ってみる
Report 04: Ext、あおり、HDR
号外: 被写界深度ほか
Report 05: 動くもの
Report 06: 山手界隈 昼と夜
Report 07: 室内+フラッシュ
Report 08: 最終回
サイトのプロフィールにもあるとおり、山田ゆう子とともに、子供狛犬にスポットを当てた日本初の子育て狛犬写真展を(公財)横浜市芸術文化振興財団主催、そして、(公財)神奈川県公園協会主催で開催していただきました。
 
今回のレビューで狛犬抜きは考えられないじゃろ?
ということで、近場の狛犬を最後に紹介してこのレポートを終わりにします。

 
いつも「写真はトリミングをした瞬間に楽しみが半減する!」と言っています。
言ってるそばから、インスタグラムを意識した正方形にしてみました(笑)。

一般論として、狛犬は雄雌の区別をしないことになっていますが、白幡神社の阿吽(あうん)の阿像はまぎれもなく母狛犬です。

背中の子狛犬が(母の背の上だから安心して)精一杯吠えていますが、そのわけは、母のおなかの下でオッパイを飲んでいる弟への「示(しめし)」です。

母の左手に抱かれてオッパイ飲んでる弟は
「大きくなったら、兄ちゃんと一緒に吠えるよ!」
と言っています。
 
期限切れの今日、雨の中、何度も行っている神社で手持ちで撮っています。
結構な雨で大きな傘をさしていますが、レンズに水滴が付き、もやもやしてしまっています。

背中の子の右耳はチョット垂れています。
子供なので、まだ柔らかでピンとならない・・・細かい芸術に感動を覚えます。
鶴見の天才石工・飯嶋吉六の作です。


駐車場は無いので、徒歩で行きます。
是非足を運んで、背乗り子狛のお尻も見てやってください。
横浜線大口駅から歩20分程。(かなり急な坂があります)
住所:神奈川県横浜市鶴見区東寺尾2−10−9
 
最後に。
短い、多分、1か月間で10日にも満たない撮影で何もわからぬまま日々が過ぎてしまいました。
ず〜〜っと雨、40年前の昭和52年8月に次いで、2番目に長い雨記録。
そんな撮影もへったくれもない状況でと言い訳しながら、ホントに不甲斐ない結果で、自分自身ガッカリだし、読んでくださる皆様にもとても申し訳なく・・・謝るしかない・・・
ごめんなさい。

個人的には・・・
いろいろやりたかったことの半分さえできたと思えないけど、久しぶりにカメラをいじった感はしています。機械苦手なので、なかなか新しいカメラになじめず、いまだにスチールはCCDカメラを後生大事に使う始末。

そんな中、最新の旗艦カメラ+レンズで十分に衝撃を受けさせていただきました(笑)。

これからの撮影技術指導にとても生かせる経験になりました。
オリンパスには感謝の意を表したいし、いろいろ教えてもらったり、相談に乗ってもらったスタッフの方々にもお礼の言葉を残したいと思います。
ありがとうございました。
 
特設サイトオリンパスレポート内の写真・文章
の著作権はオリンパスと能動ドットコムに帰属
ただし内容の責任は能動ドットコムにあります
筆者紹介
映像制作の能動ドットコム