PageTOP

能動ドットコム > アマチュアビデオ講座 > CM
フィルムとCM                     2000年更新
先日、地方のTVコマーシャルを作りました。残念ながら、V-CM(ビデオを使ったCM)です。キー局のCMのほとんどがフィルムで作られていることは一般にはあまり知られていないようですが、CMプロダクションの方に言わせると、様々な理由でフィルムを使っているそうですが、私は、最も大きな理由は次の1点だと考えています。
スロー再生の美しさ
ビデオは毎秒約30フレームの呪縛から解き放たれない限り、この点ではフィルムに全く歯が立ちません。確かに超レアなハイスピードカメラも現存しますが、あまり現実的ではありません。
フィルムのスロー(1/3スローで再生したい場合)
  1. 収録ではフィルムの毎秒24コマを毎秒72コマで収録
    • これにより、72コマ全てに異なる画が収録されます。
  2. 毎秒24コマで再生
    • 24コマ全て異なる画で1/3スロー再生になります。

ビデオのスロー
  1. 収録では毎秒約60フィールド(約30フレーム)で収録。
  2. 再生時にDT(SONY:ダイナミックトラッキング)やAT(パナソニック:オートトラッキング)機構を用いて、ノイズレス再生を行いますが、結局、毎秒10コマで再生しているのと同じことです。

こんなことを書くとメーカーから怒られそうですが、現実です。美しいスローは、収録時に「欲しい再生スピードの逆数倍の速度」で収録する以外に方法はありません。
先日制作したV-CMは、15秒。スイッシュパンを使ったり、スロー(8カット中2カット)を使ったりしましたが、やはり、スローの切れの悪さは辛いものです。可変速再生大好き人間なので、倍速・3倍速収録可能な一体型カメラを是非つくって欲しいと小さな声で訴える今日この頃です。
電子シャッターの項でもう少し詳しく説明していますので、そちらもご参照下さい。
2000年のテキストなので記載が無いのですが、現在ではパナソニックが可変速収録ができるカメラを販売しています。
アマチュアビデオ講座へ

番組制作まめ知識へ戻る

to HOME